Articles
JA

B2Bオークションで人気のエルメス :その理由と良い仕入れのコツは?

B2Bオークションで人気のエルメス :その理由と良い仕入れのコツは?の画像
世界中で人気の高級ブランドのエルメス。B2Bオークションにおいても非常に注目度の高いブランドです。エルメスはなぜ変わらず支持され続けているのでしょうか。そして、エルメスのバッグの仕入れ先として、バイヤーに活用されるB2Bオークションでは、どのような取引傾向があるのでしょうか。中古市場でのエルメスの取り扱いに詳しい、バリュエンスジャパン プロダクト戦略課の閻(えん)氏に話を伺いました。

エルメスはなぜ人気があるのか。その歴史から探る

高級ブランドであるエルメスの誕生の歴史を見ていきましょう。
創業者はティエリ・エルメス。1837年、フランス・パリにて、高級馬具製造工房「ティエリ・エルメス」を開業しました。その技術は徐々に注目されるようになり、1867年のパリ万博においては銀賞を受賞。1878年には金賞を受賞し、フランス国内に周知されるようになりました。1880年には、現在エルメスが本店を構えるエリゼ地区のフォーブル・サントノーレ24番地に工房を移転します。
1892年、馬の鞍を収めるためのサドルバッグとしてつくられた「haut-à-croir(オータクロア)」、世に名高い「Birkin(バーキン)」の原型が誕生します。
その後、馬車が利用されなくなることを予見したエルメスは、馬具以外の商品展開を開始し、1920年には「ハンドバッグ部門」を開設しました。
1945年には、現在もブランドロゴとして採用されている「馬車と従者」のモチーフが誕生します。主人不在のこのモチーフは、あくまでも「主人はこれを手にする者」という、エルメスの信念が込められたものとなっています。
そして、1984年に「Birkin」が誕生します。女優のジェーン・バーキンのためにつくられたこのバッグは、デザイン、品質、コンセプトのどれを取っても注目されるものとなりました。
馬具の製造に通じる「上質な革の入手」、及び「高い技術を持つ職人」が、エルメスの発展を実現する大きな要因であったと言えるでしょう。

エルメスは資産価値があるブランド

エルメスがB2Bオークションにおいても高い人気を誇る理由は、「資産」としての価値の高さにあります。エルメスは高い技術を持つ職人の手によって作り出されます。一つの商品をつくりあげる工程全てを、一人の職人が請け負っており、その供給はごく少数に限られます。エルメスは品質を大変重視しているため、むやみに生産スピードを上げることもありません。

また、まったく同じデザイン・コンセプトのものがつくり続けられることがなく、限定品としての価値が付加されやすいことも特徴です。そのため、ユーズドであっても価値が変わらず、年式やデザインによってはむしろ価値を上げていく傾向があるのです。

「エルメスが相当な方向転換をしない限り、このような位置付けが変化することはないでしょう。高品質であることと生産が限定的であることは、投資や資産運用目的として人気に繋がっているのです」

エルメスの今後の相場はどうなる?

新型コロナウイルス感染症の流行はさまざまな業界に大きな影響を及ぼしましたが、エルメスの相場にはどのような影響があったのでしょうか。

「エルメスについて言えば、コロナ禍であっても相場が落ちるということはありませんでした。人気は不動であり、むしろ相場は右肩上がりの状態が続いています。というのも、ただでさえ希少価値が高いのですが、最近の需要に対し供給がまったく追い付いていないのです。バーキン、ケリーについては、エルメスの店舗においても購入できない状態が続いており、供給自体が減っていることが考えられます」(バリュエンスジャパン 閻氏)

エルメスを仕入れるときの3つのポイント

人気のエルメスを仕入れるにはおさえるべき3つのポイントがあります。

ポイント①トレンドを読む

「エルメスは常に人気があり、他の商品のように季節によって相場が大きく変動することはありません。ただし、微妙な相場の変動は見られます。例えば、クリスマスなど大きなイベントに向けて需要が増えます。各国ごとにある“お金が動く時期”も同様です。また、“夏は軽いカラーのものが売れる”など、色に関するトレンドも読むようにしましょう」

世間のイベントやトレンドの変化などを細かく読み取り、仕入れていくことが重要だと言えます。

ポイント②定番カラーを積極的に仕入れる

カラーに関してはいつでも使いやすい定番色(黒、エトゥープ、トゥルティールグレー、ゴールドなど)は常に需要があります。

「定番色に関しては高値で取引されるため、積極的に仕入れたい商品です。また、流行色などは、トレンドを踏まえながら仕入れを検討するのがおすすめです」

ポイント③人気商品をチェックする

最近の流行はより小さなタイプのバッグです。エルメスの場合、バーキン25、バーキン30、ケリー25、ケリーミニなどがこれにあたります。そのほか、新しい年式のもの、希少価値が高いとされている年式のものは高額で取引されます。

また、掘り出し物を手にする機会を逃さないよう、普段はなかなか目にすることのないレアモデルについても知っておくとよいでしょう。

「特にご紹介したいのは2016年に発売された『バーキン ヒマラヤ』です。希少なクロコダイルが両サイドから中央にかけてグラデーションカラーに染められているのが「ヒマラヤ山脈」を連想させるため、「ヒマラヤ」という名称になりました。

ヒマラヤは『Holy Grail』とも呼ばれています。『Holy Grail』とは、一般的な意味としては最後の晩餐での“聖杯”を意味し、現在は“これ以上のものはないというほど貴重”、“最高のもの”といった意味でも使われています。その言葉が示すように、ヒマラヤは直営店などで購入するのはまず不可能だと言われています。それだけユーズドへの期待は高いと言えるでしょう」
2017年に香港のオークションで2014年製造の「Niloticus Crocodile Diamond Birkin 30」が37万9,261ドル(約4,200万円)で落札されています。
ほかに、2011年に限定発売された『バーキン ソーブラック』というモデルがあります。コンセプトは「皆既日食」です。革と金具だけでなく、箱や保存袋、リボンなどの付属品もすべて黒で統一されています。販売数が少ないだけでなく、デザインの珍しさや話題性なども関係して人気が高く、ユーズド市場においても高値で売買されています。
「『バーキン ソーブラック』も滅多に取引できないアイテムです。万が一出品されていたら落札すべきです。非常に高額ですが、それだけの価値はあります」
エルメスの仕入れに力を入れたいという方は、このようなレア商品の情報もチェックしておくとよいでしょう。

仕入れ先を多く持つことが、エルメスの人気商品を仕入れる近道

毎開催25,000点以上の出品数を誇るStar Buyers Auctionには、多数のエルメスのバッグが出品されています。人気商品や高額商品が集まりやすく、ときには希少なモデルが出品されることもあります。
エルメスのような人気のある高額商品をコンスタントに仕入れたいとお考えの方は、こういった「質の高い取引が可能な仕入れ先」を多く持つことが重要です。少しでもご興味がありましたら、ぜひStar Buyers Auctionにお問い合わせください。

SNSシェアボタン

記事下関連リンク
トレンド情報
オークションで人気のシャネルのバッグ :その理由と仕入れ方法は?
2021.08.31
トレンド情報
B2Bオークションで人気のロレックス :その理由と、良い仕入れのコツは?
2021.07.19
トレンド情報
高級時計やジュエリーを扱う世界の人気オークションとは?
2021.06.18
トレンド情報
世界の時計&ジュエリー展示会情報:IWJGはじめ各展示会のみどころ・開催予定は?
2021.05.31

STAR BUYERS AUCTIONの
圧倒的な品揃えと品質を
ぜひご体験ください